うまくて安いアジアの屋台の選び方

東南アジアは食の宝庫だ
今回はうまい屋台のさがし方を老人バックパッカーの私が伝授します。
  1. 混んでいる店で並んで待つ
  2. みんなが食べる時間帯に食べる
  3. 一番多く食べている料理を指さす
1.混んでいる屋台は入りにくいので避ける人が多いが並んでいると店員や人のいい客が手招きして席(相席だけど)を確保してくれる。
2.食事の時間帯は重要で炭や練炭やコークスで調理している屋台もあるし食材もその時間に合わせて切り分けしている。
時間を間違うと手早く強火で料理できなくうまい店でもまずくなる。
3.初めての屋台ではおいしく安い一番人気はやはりうまい。

 アジアの屋台には4種類の調味料が必ずおいてある。
砂糖、唐辛子、酢(酢の中に香味料が入っている場合が多い)、ナンプラー(魚醤油)の4種類
これに豆板醤のような辛いのや数種類のナンプラーを別途おいてあるところもあり
また、生野菜(パクチー、バジル、香味野菜)が付け合せで出る場合もあり
 見ていると砂糖をかける人が多いのに驚く。
私は酢とナンプラーに少々の唐辛子をふりかけるのが好き。

(3種類のナンプラーとライムと砂糖に唐辛子に酢の豆板醤も)
 学校の近くには屋台が必ずといっていいほどある。
学校の近くの屋台もうまい。
ただ、ビールは置いてないのが難点
東南アジアは暑いからビールは水替わりでうまいのだ(日本のビールよりアルコール度が低いのであまり酔わない)
学校の屋台のうまさは旅好きの日本人に教えてもらったが子供たちが食事は屋台で食べることが常識な世界なので確かにうまい。

(そういえば料理は家の中でするのではなく外でまな板をだし火チリンで料理している家庭は普通に見られるもの)
屋台で食べる習慣が根付いているから安くてうまいのは当たり前なのかも

バンコックのチャイナタウンの海鮮屋台で混雑しているが待っていると店員が相席だけど案内してくれる。
そして私はもぞもぞと旅をしたくなってくる。
安宿に泊まってバスに乗って屋台で飯を食い出会いがあって小さな感動に心をときめかせるのです。

ラオス・ルアンババーンのメコン川の船着き場にて

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

気学の占いだよ!

九星気学の占い。性格診断、運星カレンダーなど充実した内容!

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:239 最後に更新した日:2016/08/05

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM